そばかすを増やさないようにするには?どんなことをすればいい?

メラニン色素を作らせない!

そばかすの多くは、体質的な「遺伝」によると言われますが、遺伝がすべてではなく、後天的にできることもあります。先天的なそばかすは、大人になると自然に消えるケースもよく見られますが、後天的なそばかすは、一度できると消えにくいと言われます。
後天的なそばかすができるのは、肌が紫外線や圧力などの刺激を受けて、肌内部に活性酸素が増えることがきっかけです。活性酸素から刺激を受けた色素形成細胞(メラノサイト)がメラニン色素を生成し、肌に色素沈着すると、そばかすになるのです。ですから、そばかすを増やさないためには、肌に刺激を与えないようにして、メラノサイトを働かせないことが重要になります。もし色素ができても、できるだけ肌に沈着させないようにすることが必要だと言えます。

刺激を避けて栄養を摂る!

具体的には、まず、「過剰に紫外線を浴びないこと」と「肌に外的刺激(力など)を加えないこと」が重要です。日差しの強い時期は日焼け止め剤や日傘で紫外線対策をし、洗顔やマッサージなどのときは肌を強くこすらないように優しくお手入れしましょう。
また、「ビタミン類を摂取すること」も大事です。ビタミンAには活性酸素を除去する働きがあり、ビタミンCはメラニンが肌に定着するのを防止します。ビタミンEは肌のターンオーバーを活発にして、肌が新しく生まれ変わるのを促進してくれます。タンパク質などの栄養も、肌を作るためにたっぷり摂取しましょう。ストレスをなるべく少なくし、睡眠をとって休息することも、活性酸素を増やさないために行えることです。
外側からの刺激を避けるとともに、栄養と休息を十分とって、そばかすが増えるのを防ぎましょう。