そばかすの治療方法ってどんなものがあるの?

レーザーで頑固なそばかすも撃退

白人で赤毛の人の肌に多くできやすいと言われているそばかすですが、日本人でも色白の人に出来やすい傾向が見られます。先天性のそばかすなら思春期の頃には自然に薄くなっていくので、過剰に気にする必要はありません。しかし、生活習慣や紫外線が原因でできるタイプのそばかすはいったん出来ると消すのが難しいのが現状です。でも、医療機関でレーザー治療を受けることできれいにすることは可能なので安心しましょう。美容医療用のレーザーはその波長によってたくさんの種類に分けることができますが、そのうちそばかすの治療と相性がいいのがQスイッチレーザーです。一回の治療でそばかすを確実に治せるので、何度も通院しなくても済みます。

メリットがたくさんある光治療

肌悩み全般に効果があるとされる、IPLを使った治療もよく行われています。レーザー治療の時に痛みがあるのが苦手な人や、施術後に肌が赤くなるダウンタイムが気になる人は光治療の方がいいでしょう。エステサロンのフェイシャルエステのスキンケア用に用いられる光と性質が同じなので、そばかすを治療すると同時に顔全体のくすみを消す効果や、コラーゲンの合成を促して肌にハリを出す効果もあります。レーザーと比べるとダウンタイムがないので、そばかすを消すために仕事を休めない人にも最適です。光治療は効果が緩やかなので複数回通院する必要があるものの、色黒の人や肝斑もある人にも照射可能なので、レーザーよりこちらを用いる医療機関も多くあります。