そばかすってどういうもの?

若い人にできやすいとされる

顔にできる青春のシンボルとしてニキビがあります。徐々に消えるとされますが、対処を怠ると痕として残るので注意が必要です。ニキビ同様に若い人にできやすいものとしてそばかすがあります。医学的には雀卵班と呼ばれていて、主に鼻や頬などにできます。症状としては、非常に小さな斑点が集まって現れます。徐々に濃くなってくると気になる人も出てくるかもしれません。原因とされるのはこれまでは遺伝とされていました。ただ、紫外線を多く浴びると出やすくなるときがあるので、帽子などをかぶらずに屋外での活動が多いとできやすくなる可能性があります。若いころにできるそばかすは、成長とともにどんどん薄くなるとされます。そのままにしていても消える人が多いです。

シミとの違いを知って対策をする

顔にできると気になるのがしみでしょう。老化現象の一つとされますが、早い人なら20代でも出る人がいます。このシミとよく間違えるのがそばかすです。顔の中心部にできやすく、目立つようになると老けて見える時もあります。見た目は似ているものの、原因は異なります。そばかすは遺伝が原因の中心とされていて、親などがもっていたなら子供もなりやすくなります。もしできたのなら親に子供のころできていたか聞いてみると良いでしょう。遺伝的な要素が強いので、日頃のケアなどで防ぎにくいとされます。化粧ができないときは仕方がありませんが、化粧ができる年齢なら化粧で隠すと良いかもしれません。隠しやすいファンデーションなどを利用すると目立たなくなります。